相続と税金対策を民法の相続 改正で争いがない遺産分割の口コミ

素人が相続実際やってみた

 

相続改正5つのポイント。

 

 

 

1、配偶者の住まいが保証

 


:相続人が妻と子1人、
遺産が自宅(2,000万円)
預貯金3,000万円だった場合

 

妻と子の相続分=1:1 妻2,500万円、子2,500万円

 


配偶者居住権 1,000万円
預貯金    1,500万円

 

※配偶者が終身または一定期間、その建物を

 

 無償で使用することができる権利です。

 


負担付き所有権 1,000万円
預貯金     1,500万円

 

※負担付き所有権とは居住権のない所有権

 

 

2、パソコンで遺言書
の財産目録作成が可能に


 

遺言書に添付する相続財産の目録については

 

パソコンで作成した目録や通帳のコピーなど

 

自書によらない書面を添付することによって
自筆証書遺言を作成することができるように
なります。

 

※パソコンで作成しても署名押印は必要です。

 

 

3、法務局で自筆証書による

遺言書が保管可能に


 

相続をめぐる紛争が生じることを防止し、自筆証書遺言
をより利用しやすくするため、

 

法務局で自筆証書による

 

遺言書を保管する制度が創設されました。

 

※検認は不要

 

 

4、被相続人の介護や看病に貢献した

  親族は金銭請求が可能に


 

相続人ではない親族も、無償で被相続人の介護や看病に貢献し

 

被相続人の財産の維持または増加について特別の寄与をした場合

 

には、相続人に対し、金銭の請求をすることができるようにしました。

 

※長男の嫁など

 

 

5、遺産の分割前に被相続人名義の預貯金

が一部払戻し可能に


 

相続人の資金需要に対応することができるよう

 

遺産分割前にも

 

預貯金債権のうち一定額については、家庭裁判所

 

の判断を経ずに

 

金融機関で払戻しができるようにしました。

 

 

 

相続と税金対策を民法の相続 改正で争いがない遺産分割の口コミ1.相続に関して主にどのような点が変わったの?

 

配偶者居住権や自筆証書による遺言書の保管制度など新たな制度が設けられました

 

相続に関するトラブルを防ぐために、民法では、誰が相続人となり、また、何が遺産にあたり、被相続人の権利義務がどのように受け継がれるかなど、相続の基本的なルールが定められています。この民法の相続について規定した部分を「相続法」と言います。
相続法は、昭和55年(1980年)に改正されて以降、大きな改正は行われていませんでしたが、高齢化の進展など社会環境の変化に対応するため、約40年ぶりに大きな見直しが行われました。

 

今回の相続法の改正の主な内容は次のとおりです。
相続法の改正の主な内容

 

配偶者居住権を創設
自筆証書遺言に添付する財産目録の作成がパソコンで可能に
法務局で自筆証書による遺言書が保管可能に
被相続人の介護や看病で貢献した親族は金銭要求が可能に
など

 

引用:政府広報オンライン相続と税金対策を民法の相続 改正で争いがない遺産分割の口コミ

 

 

相続税の計算

 

相続税ってどんな人が払うの

 

 

 

夫死亡 妻と子一人の場合

 

1、課税される価格を算出

 

 

142,000,000で妻と子1人

 

2、課税資産総額を算出

 

 

課税価格 142,000,000
        
課税価格から差し引くことができる控除

 

(3,000万円+(相続人の数x600万円)

 

基礎控除額 42,000,000

 

税額の計算

 

 

142,000,000-42,000,000=100,000,000

 

 

100,000,0001/2=50,000,000x20%-2,000,000=8,000,000

 

 

100,000,0001/2=50,000,000x20%-2,000,000=8,000,000

 

相続税 16,000,000万円

 

相続税早見表

区分

1,000万
以下

3,000万
以下

5,000万
以下

1億円
以下

2億円
以下

3億円
以下

6億円
以下

6億円

税率 10% 15% 20% 30% 40% 45% 50% 55%
控除額 - 50万円 200万円 700万円 1,700万円 2,700万円 4,200万円 7,200万円

参考:政府広報オンライン

 

 

遺産分割協議書どうして作るの

 

 

遺産分割協議書は作らなければ

いけないの


 

 

法律で義務づけられたものではありませんが、実際には

 

相続登記や相続税がかかる場合など様々な場合に提出

 

を求められます。

 

また、親族間の争いを防ぐことができます。

 

 

遺産分割協議書の決まった書き方はありません

 

 

どのようにして作成するの

 

作成例です。

 

 

               遺産分割協議書

 

被相続人

 

手続 太郎(令和○年○月○日 死亡)
最後の住所    奈良県奈良市朝日町1丁目5-7
最後の本籍    奈良県奈良市朝日町1丁目5-7
登記簿上の住所  奈良県奈良市朝日町1丁目5-7

 

 

上記被相続人の遺産について、次のとおり遺産分割協議を行った。

 

令和○年○月○日、奈良県奈良市朝日町1丁目5-7 手続 太郎の死亡により
開始した相続の共同相続人である

 

手続 一郎、 手続 花子 2名は、その相続財産について、次の通り分割を
協議し、決定した。

 

 

 

1. 相続人 手続 一郎は、次の不動産を取得する

 

土地
 所 在  奈良県奈良市朝日町1丁目
 地 番  5番7号
 地 目  宅地
 地 積  120㎡

 

建物
 所 在    奈良県奈良市朝日町1丁目
 家屋番号   5番7号
 種 類    居宅
 構 造    木造
 床面積    1階 60㎡  2階 40㎡

 

 

2.相続人  手続 花子は下記の財産を取得する

 

南都銀行奈良支店の被相続人名義の預金
普通預金 口座番号01234567 のすべて

 

3.相続人 手続 花子は、被相続人の債務全てを継承する

 

4.相続人 手続 花子は被相続人名義の次の負債を継承する

 

金銭消費賃貸借契約
  金100,000円
  債権者  ○○株式会社

 

 

(後日判明した財産)

 

5.本協議書に記載なき遺産及び後日判明した遺産は、
相続人全員がその財産について再度協議を行うこととする

 

 

 上記協議の成立を証するため、署名押印したこの協議書を2通作成し
 各自1通保有する。

 

令和○○年○月○日

 

住所    奈良県奈良市朝日町1丁目5-7
相続人  手続 一郎 (実印)

 

 

住所    奈良県奈良市朝日町1丁目8-6
相続人  手続 花子  (実印)

 

相続する割合(法定相続分)って?

 

配偶者 相続と税金対策を民法の相続 改正で争いがない遺産分割の口コミのみ配偶者100%

 

配偶者と子 相続と税金対策を民法の相続 改正で争いがない遺産分割の口コミ配偶者2分の1子(全員で)2分の1

 

配偶者と父母 相続と税金対策を民法の相続 改正で争いがない遺産分割の口コミ配偶者3分の2父母(全員で)3分の1

 

配偶者と兄弟姉妹 相続と税金対策を民法の相続 改正で争いがない遺産分割の口コミ配偶者4分の3兄弟姉妹(全員で)4分の1

 

※子、父母、兄弟姉妹がそれぞれ2人以上いるときは、原則として均等に分けます。

預貯金の相続手続

 

 

 父がなくなり、母と子が相続する場合

 

1、まず銀行に亡くなったことをを連絡します。
  届けたら亡くなった人の預金は凍結されます。

 

2、残高証明書を銀行から発行してもらいます 

 

  請求できる人は、手続する代表相続人
  親子関係がわかる謄本
  手続する代表相続人印鑑証明、印鑑 本人確認出来るもの

 

  亡くなった人の通帳、キャシュカード

 

3、亡くなった人の預金口座の名義変更または払い戻し

 

 相続人全員が載っている戸籍謄本 

 

 相続人全員の印鑑証明

 

 預金先からの書類相続手続き請求書

 

 請求人の本人確認できる書類(健康保険証等)

 

 亡くなった人の預金通帳キャッシュカードカード
(紛失している場合は不要)

 

 遺産分割協議書(ある場合のみ)

 

※注意点
 亡くなった人がクレジットカード使っていた場合
 口座凍結されるので、引き落としが終わってから
 銀行に届け出

 

 水道、ガス、電気口座振替になっているかどうか
 契約者名義変更をしておく

相続財産の値段はどうやって決めるの

 

宅地の評価

 

主要な評価法

(通常じかよりも2割~3割低めに設定)

 

1、路線価方式

 

国税が毎年出している路線価図

 

道路に面した土地の1平方メートルの価格

 

路線価x宅地の面積

 

※土地の利便性や形状により「区画補正」で調整

 

2、倍率方式

 

路線価が定められていない農村や別荘などの評価

 

毎年市役所から送られてくる土地の固定資産評価額

 

x国税庁の評価倍率表をかけて算出

 

 

 

主要な評価法では評価が難しい場合

 

(被災などにより著しく土地の利用環境が変わった場合
有利な場合があります))

 

3、公示価格による評価

 

国土交通省が毎年公示している価格

 

国や自治体が公共事業用地を取得する時の目安に
している価格

 

4、実際に売買するときの価格

 

不動産業者に確認して不動産鑑定士による鑑定

 

 

家屋や建物の評価

 

建物の評価額は固定資産税の評価額が基本です。

 

ゆえに、固定資産税の評価額と相続税評価額は同じです。

 

有価証券(上場株式)の評価額

 

①~④の最も低い金額

 

①被相続人が死亡した日の終値

 

②被相続人が死亡した月の終値の月平均額

 

③被相続人が死亡した前月の終値の月平均額

 

④③被相続人が死亡した前々月の終値の月平均額

 

利付公社債(上場しているもの)

 

(課税時期の最終価格+源泉所得税相当額控除後の
既経過利息の額)x 券面額÷100

 

割引公社債(上場しているもの)

 

課税時期の最終価格 x 券面額÷100

 

その他

 

書画・骨董品

 

鑑定価格

 

自動車

 

自動車買取店の見積価格

 

ゴルフ会員権取引

 

相場の7割

 

宝石・貴金属

 

鑑定価格

 

借入金

 

死亡の日の残債額

自分で簡単に相続税申告書を作成【better相続】の特徴

 

相続と税金対策を民法の相続 改正で争いがない遺産分割の口コミWeb上で簡単にご自身で申告書を作成でき、税理士に相談
し放題のサービスです。

 

相続と税金対策を民法の相続 改正で争いがない遺産分割の口コミ税理士報酬を抑えつつご自身で申告を行いたい方に最適
なサービスです。

 

口コミ

相続と税金対策を民法の相続 改正で争いがない遺産分割の口コミ
60代 男性

 

一度、時分で申告に挑戦したのですが、法律が複雑で
挫折しました。

 

better相続では分からないところはすべて税理士さんに
相談しながら簡単に申告書が作成することができました。

 

また、特例を適用でき、税金を大幅に下げることができ
ました。

 

口コミまとめ

 

相続税、贈与税は申告でも特殊な領域です。
そのため、相続、贈与税を専門にお仕事

 

されている税理士さんもたくさんおられます。

 

所得税、法人税と違いめったに仕事がない
分野なので報酬が高いかもわかりませんね。

相続と税金対策を民法の相続 改正で争いがない遺産分割の口コミ相続税申告を自宅でできる?まずは難易度をチェックリストで診断。【better相続】

 

損をしない!賢い相続のお手伝いをします 【相続の窓口】の特徴

 

忙しい方にお勧め

 

経験豊富なスペシャリストたちが対応するので安心して
相談できます。

 

自分で相続手続きするよりも節税できる可能性が
あります。

 

面倒な手続きはプロにおまかせ。

 

口コミ

 

相続の窓口は専門家チームで編成されているため当然費
用はかかります。
しかし、自力で行うと一見費用が浮いたように見えます
が、そうとも限りません。
目に見える費用以外にも大きな差が出るのは何日ででき
るかです。

 

相続の手続きや、相続の算出は想像以上に大きな時間と
体力消耗されます。
相続は専門家に早めに相談して、するほうがトータル
てきに安くつきます。
利用して気分的に楽になりました。
※個人の感想です

 

 

損をしない!賢い相続のお手伝いをします 【相続の窓口】経験豊富なプロ集団にお任せ!初回相談無料【相続の窓口】

 

 

豊富な税理士ネットワークから探せます。税理士ドットコムの特徴

 

税理士さんの報酬を高いと感じている方が多くいらっ
しゃいます。

 

そこで、いくらの費用でどんな税理士を選ぶべきか
どこまで業務を依頼すべきかを経験・実績をもとに第三
者目線でアドバイス

 

さらに、税理士との面談日程の調整やちょっと言いぬくい
価格交渉、見積もり比較など、ご契約まで専任サポート

 

運営会社はマザーズに上場しており、現在急拡大・急成
長しています。

 

口コミ

日本最大級の税理士紹介ポータルサイトです。

 

相続税の申告期限間際でしたが、相談したその日に紹介
してもらえて助かりました。

 

税理士に相続税の申告や手続きをお願いしていました。
しかし、その後何ヶ月経っても対応してもらえず、申告
期限が迫ってきている状態でした。

 

そこで税理士ドットコムに紹介をお願いしましたところ
当日中に相続税の経験豊富な税理士をご紹介いただけて
非常に助かりました。
※個人の感想です

 

日本最大級の税理士紹介ポータルサイトです。相続での税理士選びなら税理士ドットコム

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

【全国対応】ちょうどいいお葬式プランを24時間ご提案【葬儀コンシェル】

 

葬儀コンシェルの特徴

 

急なお葬式に困らないよう資料取り寄せておけば安心ですよね
お葬式をするためには葬儀社えらびが何より大切ですよね。

 

地域で評判のいいの葬儀社が見つかれば安心ですが、普段
の生活で関わりがないだけに、なかなか分からないものです。
葬儀コンシェルは、低価格の火葬式・家族葬を提供しております。

 

総額料金明示、葬儀・布施など、業界最安水準。
火葬式:18.7万円
家族葬:48.7万円
追加料金:0円
お布施:3.5万円~

 

葬儀コンシェル3つの安心

 

必要最低限のセットプランの安心価格
経験豊富なスタッフによる寄り添ったサポート
事前準備からお墓・散骨・返礼品までお任せ

口コミ

 

【全国対応】ちょうどいいお葬式プランを24時間ご提案【葬儀コンシェル】

 

喪主としての不安がいくつもありましたが、担当の方が一つ一つきめ
細やかかつテキパキとプランニングをしてくださいました。

 

会葬者の方々からもとても良い評判をいただき、父の葬儀が
無事に終わりました。

 

お骨を収めるお墓を持っていない人にとって納骨はとても悩ましい
問題ですよね。

 

葬儀コンシェルでは葬儀後もお墓の相談やサポートを受けること
ができるので安心です。

 

まずは、資料取り寄せ【全国対応】ちょうどいいお葬式プランを24時間ご提案【葬儀コンシェル】【葬儀コンシェル】全国、遠方へのご遺体搬送・遠隔地での葬儀手配も24時間対応